CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
赤坂の坂マップ
MOBILE
qrcode
<< 青野 | main | 非常食@港区 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
滴生舍のはなし&Aux Bacchanales 赤坂店
 そう言えば、3月はzoomaniaの誕生月だったのでした。
すっかり忘れてたけど、一ヶ月遅れで自分にプレゼントを買いました。

(フォッカッチャはオー・バカナルより。 ¥295也)

浄法寺塗りの八寸皿です。
お店の名前は滴生舍(岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6)、塗師は岩館隆氏です。

漆器は日本が誇る伝統工芸品...ですが、現在国内で作られる塗り物に使われる漆のじつに9割以上は、安価な中国やベトナムなどの外国産なのだそう。 そして岩手県は、国産漆の最大の産地なのです。
滴生舍では、この貴重な国産の漆にこだわって漆器を作っておられます。


約1200年の歴史を持つと言われる浄法寺塗りは、浄法寺町天台寺で僧侶たちが作った寺の什器がその始まり。
その流れを汲む滴生舍の器は、正に「用の美」を体現しています。 一切の華飾を排し、奇をてらわず、質実剛健。 使う人に寄り添った物づくりの姿勢は、どこか北欧デザインと通じるものも感じさせる。
シンプルで完成された造形の器は、都会のマンションの洋間にも調和します。

(この日のお昼はフランスパン¥265とクラムチャウダー)

こちらは一昨年購入した、五寸椀。 滴生舍の塗り物は、溜塗と朱塗の2色があります。
直径五寸(15cm)のお椀は、滴生舍の椀の中では最大のサイズで、容量は500cc ほど。 お正月の雑煮用にと求めましたが、小どんぶりとして日々活躍中です。
漆器の小どんぶりって、良いですよ。 瀬戸物より軽いし、熱が伝わりにくいので、持ちやすいし汁物が冷めません。
2年使ってみて思うのは、漆器って思ってた以上に堅牢だな、ということ。 粗忽なzoomaniaが色々と粗相をしても、傷ひとつついていません。 金属のカトラリーは使わない、電子レンジや食器洗い機には入れない、などの基本的なことさえ守っていれば、そんなに神経質に扱わなくても大丈夫そう。 それに滴生舍では痛んだ漆器は塗り直してくれるそうなので、安心して普段使いにしています。 

3月に起きた、東日本大震災。
岩手県の被害は、津波のあった沿岸部は大きく報道されても、内陸部の状況はなかなか東京までは聞こえてきません。 心配していましたが、滴生舍のスタッフの皆さんにはお怪我がなかったそうで、ホッと安堵。 
今回、ブログでご紹介したいので...とお願いし、メッセージを寄せて頂きました。
 
被害の少ない内陸部から岩手を支えていかねばという思いで、漆器作りに励んでおります。

もともと私たちのような作り手たちは日の目を見ることも少なく、経済的にかなりギリギリの状況だったというのが正直なところです。
それに加えて今回の震災・・・
はっきり言って、致命的です。
文化を繋ぐことの難しさを今まで以上に痛感する日々に、くじけそうになったりもします。

それでも私たちには作り続けることしかできません。
利益無視で活動しています!!なんて言えれば格好いいかもしれませんが、それは無理な話。自分たちの仕事で手一杯なんです。

商売が下手だとか、なかなか不器用な面を指摘されがちではありますが、自信を持って言えるのは、東北にはいいものが沢山あるということ!
地震がきて注目してもらうというのも皮肉なものですが、この際関係ありません。この機会に東北からいいものを発信して、そして生活に取り入れてもらえれば(つまり買ってもらえれば!)と思います。

滴生舎では、毎年秋にちょっとずつ東京で展示会を行ってきました。もちろん今年もお邪魔したいと思っています。
大変な時期ではありますが、ここは歯を食いしばり、秋に関東圏の皆様にも手にとって見ていただけるように、毎日漆を塗っていきます!
(あっ 電話注文は常時承っております!笑)」

東京での展覧会を楽しみに待ってます!

| 洋ランチ | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akasakalunch.jugem.jp/trackback/1442
トラックバック