CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
赤坂の坂マップ
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三徳堂(銀座)
 ありがとう、台湾。 台湾大好き。
3.11を経て、何か一つでも良い事があったとすれば、諸外国の善意に触れたことでしょうか。
とりわけ台湾の人々から頂いた寄付の迅速だったこと、額が大きかったことには感動。
台湾人は、根っからの親日派か、とてつもなく親切な人々なのでしょう。 いずれにしても、大好きだー。

また台湾に行きたいなあ。
台北は治安が良かったし、地下鉄網はシンプルでzoomaniaでも使いこなせたし、旅人に優しい街でした。
茶芸館で極上の台湾茶を楽しんだり、屋台で買い食いしたり、故宮博物院で中国の歴史に思いを馳せたり。 そして何より、日本のものとは似て非なる、めくるめくかき氷の世界! 楽しかったなー。 
しかし、今は先立つモノも休暇も無し。
東京に居ながらにして台湾気分を味わえる店と言ったら...


銀座のプーアル茶専門店、三徳堂(中央区銀座7-8-19 喜多ビル1階・2階)でしょうか。
一階席でプーアル茶についてお勉強しつつマダムにお茶をいれて頂くも良し、二階席で自家製のお茶菓子を食べながらすずらん通りを行き交う人々をぼんやり眺めるも良し。


こちらは愛玉子(オーギョーチー)とプーアル茶のセット、¥880。


そしてこちらが豆豆氷。 やはり温かいプーアル茶がついて¥1000です。
かき氷にも、お国柄というか文化の違いというものは表れるもので、台湾のかき氷は「シンプル」とか「余白」とは無縁。 あれこれ盛り沢山でゴージャスです。
豆豆氷に乗ってるのは、小豆や金時豆、黒豆など日本でも馴染みのある豆。 それに緑豆や蓮の実、ピーナッツの甘煮など、エキゾチックなものも。 あ、端っこに愛玉子ゼリーも乗ってるよ。 これはお得だ。
練乳と黒蜜もかかっていて、一口ごとに違う味わい。 結構なボリュームですが、最後まで飽きません。
美味しかった〜。

今の季節だと、アップルマンゴーを一個使った豪奢なマンゴーかき氷もあります。 たぶんシーズンは終わり間近だと思うので、気になるむきはお急ぎあれ!
| アジアおやつ | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
China Cafe PU-EN
 

赤坂6丁目のカフェ・コルドが、内装やスタッフはそのまま、チャイナカフェ・プーエン(赤坂6-19-46 ICOKビル1階)に生まれ変わりました。 そう、もう洋菓子は作っておられません。

こちらのビル、2階地下も中華料理の店。 カフェ・コルドだった時代も、中華菓子も売っていたり、昼時は雲呑麺を食べられたりと、和洋折衷ならぬ、中洋折衷の店でした。 これで完全にオセロの駒がひっくり返っちゃった感じだね。


食べ物は、ふわふわ蒸しパンのサンドイッチ、花巻、水餃子など。
zoomaniaはサンドイッチにしました。 具はBLT(ベーコン、レタス、トマト)で、単品だと¥600、飲み物とセットだと¥830。
要は肉まんの皮の平べったいのに洋風の具のサンドイッチです。 蒸しパンはまだほんのり温かく、ふわふわでしっとり。 酸っぱめのドレッシングで引き締まった味です。


お菓子は、マーラーカオ(中国の蒸しカステラ)やマンゴープリンなど。
写真は季節の杏仁豆腐¥400です。 新鮮な苺がどっさり乗ってるあたりに、以前の洋菓子の名残りが...(←考え過ぎ?)

新生プーエン、メニューはがらりと変わりましたが、雰囲気はコルドの頃のままです。 赤坂のカフェにしては広々贅沢な空間、清潔な店内、つかず離れずの程よい接客。
水餃子も食べてみたいし、また近いうちに来よう。 でも、zoomaniaはコルドのエクレアが好きだったので、ちょっぴり残念です。





| アジアおやつ | 16:27 | comments(3) | trackbacks(0) |
赤坂ふーちん
一ツ木通りの中ほど、以前韓国お粥屋さんのあった店舗に、ようやく新しいテナントが入りました。 ここ、かれこれ一年以上も空き物件だったよね。
商店街って、1階の店舗が空いてるとすごーく寂れた雰囲気になってしまうので、新しい店のオープンは目出度い。

 ふーちん

お店の名前はふーちん(福清)(赤坂3-18-9)。 中華料理店...と言うより、肉まん屋さんみたいです。 やった〜。
何が嬉しいって、イートインスペースがあること。 zoomania、コンビニの肉まんを道ばたでパクつくには、ちと年を取りすぎたので。

ふーちん

肉まん¥250。 両手で持ち上げると、ずっしり重い。 小食の人なら、ご飯代わりになる大きさです。
湿り気の多い皮は分厚く、いかにもお腹にたまりそう。 具材は細かすぎず粗すぎずで、筍や椎茸が良い存在感です。 フカヒレも見て取れるけど、zoomaniaの舌では味わいまでは分からないや。
肉まんって、店によっては作為的な甘い味付けがしてあって、途中で食べ飽きるものもあるけど、ふーちんの肉まんはシンプルな美味しさです。 うまー。

中華の店って、お茶が別料金だと結果的に高く付くこともありますが、ふーちんではお冷や代わりに冷たい中国茶が出てくるので、本当に¥250だけで済んでしまいました。 小腹が減ったとき、へたなファストフード店よりも使い勝手が良さそう。 おまけに24時間営業だそうです。
しっかりと食事をしたい人には、セットメニューもあります。 メニューは中華粥やタンメンなどで、こちらも¥400〜¥650とリーズナブル。
さほど広くない店舗には、小さいテーブルがきちきちに詰め込んであるのですが、納得。 ここは、薄利多売&高回転率で利益を上げる店ですね。 長っ尻は無用、パクパク食べたらサクッと席を立ちましょう。 なお、9月いっぱいはセットメニューが¥100引きのキャンペーン中です。

赤坂 ふーちん (肉まん・中華まん / 赤坂見附、赤坂、永田町)
★★★☆☆ 3.5

| アジアおやつ | 18:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
赤坂璃宮
今日のおやつは、職場での頂き物。

赤坂璃宮 

赤坂璃宮(赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー2F)から、自家製のお菓子を頂戴しました。 ありがとうございます!
一口サイズの焼き菓子で、サクサクホロホロの生地の中に餡がつまってます。 中華料理のあんこは、日本のものと違い、油で練ってあってコクがある。 小豆餡でないのは確かなんだけど、何だろ? zoomaniaの推測では蓮の実、ボスはクルミじゃないか? と言ってました。 なんにせよ、美味しかったです。

本日のこの僥倖、なぜかと言うとですね、先日zoomaniaの会社が赤坂璃宮で食事会を開催させて頂いたご縁です。
zoomaniaが公的な食事会を開催する時のお店選びの基準は:
1 万人受けする料理であること。 なので、もっぱら中華料理。
2 サービスが行き届いた高級店であること。 zoomaniaは下戸なので、お酌が苦手なのです。
3 場所が分かりやすいこと。 参加者が迷子になったら大変。
の、3点。
ごく常識的な基準ですが、赤坂サカスが出来る前は、お店選びは難しかった。 赤坂に美味しい中華料理店はいくつかあれど、どれも街中の雑居ビルに入居しており、場所が分かりにくい。 赤坂の街って、土地勘の無い人は結構迷うのです。 なので、以前は紀尾井町の有名ホテル内の中華料理店を贔屓にしてました。
でも、サカスに赤坂璃宮が引っ越して来たからにはもう安心! なにしろサカスは赤坂駅直結、誰も迷子にせずに済みました。
赤坂璃宮は立地もさることながら、お料理とサービスも申し分ありません。
お料理は繊細で、大皿ではなくて銘々皿で供されます。 これはお料理を取り分ける心配から解放されるので、幹事には嬉しい。 安心して会話に集中できます。 お酒やデザートを持ってきてくれるタイミングもパーフェクトでした。
お陰さまで食事会は大盛況で、zoomaniaも幹事の面目躍如。 ちなみに、お店はサカスの2フロアを占めており、エントランスのある2階はテーブル席、3階は個室。 個室は、部屋の大きさに応じて個室料金が違います。
もちろん、お値段はそれなり。 zoomaniaが日常自腹で食べに行くことは無いかと思いますが、また「ハレ」の日には是非利用させて頂きます。
あ、お菓子を貰ったから褒めてるわけじゃないですよ。

ご参考までに、赤坂璃宮の移転前(ミカドビル)のランチレポートはこちら。 赤坂祭りにお弁当を出店した際のお話はこちらをどうぞ。
| アジアおやつ | 15:49 | comments(8) | trackbacks(0) |
TODE
最近、日照時間が延びてきましたね。 定時に上がると、まだ外が明るい。 せっかくだし、寄り道して帰ろう。

TODE

赤坂小学校の裏手の商店街に、新しく韓国漢方茶の喫茶店が出来てました。 店名はトデ、場所は赤坂パインクレスト(赤坂7-5-28)というマンションの1階。 クリーニング屋さんとkaffaが入ってる建物です。
赤坂は韓国のお店が多い街ではあるけれど、それらは主に2〜3丁目界隈。 7〜8丁目には珍しいんじゃないかな。 聞けばオープンはほんの一週間前だそうです。
2人掛けのテーブルが4〜5卓の小さな店で、切り盛りするのはフレンドリーな韓国人のお姉さん2人。

ナツメ茶&トック

ナツメ茶と餅のセット¥800を注文してみました。
ナツメとは、よく参鶏湯の鶏のお腹に入ってる赤い実です。 それを煮出したお茶かと思ったら、ポタージュ状のものなのでした。 ちょっと酸っぱくて、ちょっと甘い。 素朴な味なので、甘味料や香料は入ってないと思います。 まあ、好き嫌いは分かれる味かもしれないけど、ナツメは肌に良いんだそうです。
餅は、トックと呼ばれるうるち米の餅。 醤油か蜂蜜をつけて食べます。 うん、甘・辛・甘・辛と交互に食べると飽きないね。

菊茶

zoomaniaが珍しがって飲んでいたら、菊茶をサービスしてくれました。 茶漉しの中は小さな菊の花でいっぱい。 これはカモミール茶に良く似てます。 韓国茶初心者には、こっちの方がとっつきやすいかも。
食べ物のメニューも見せてもらいましたが、しっかりとした食事もとれます。 モーニングはお粥やフレンチトースト、昼と夜は参鶏湯やチヂミなど。 個人的には、晩ご飯を¥1500前後で食べられるというのが便利そう。 だって2〜3丁目にある韓国料理屋って、夜は基本的に飲み屋さん。 一人で夜遅くにふらっと寄って居心地良く定食を食べられる店って、少ないのだ。
のんびりとお茶を飲んでたら、さすがにとっぷりと日が暮れました。 お餅で結構お腹が膨れたので、晩ご飯は軽くしておこう。
| アジアおやつ | 19:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
ぶるだっく
ぶるだっく

ぶるだっく(赤坂3-11-13)再訪! と言っても、今日は辛〜い料理ではなく、おやつを食べに。 平日はランチとディナーの間を休むぶるだっくですが、土曜に限り終日営業しています。 なら、午後の暇な時間にデザートだけ注文しても、さほどお店に迷惑はかけないでしょ? 
3時過ぎに伺ったところ、先客は無し。 あの〜、パッピンスだけ食べたいんだけど、いいですか?
店員さん:「いいですよ。 今日は暑いですもんね」
わ〜い。

20070908154213.jpg

これが韓国式かき氷のパッピンス¥630。 zoomaniaは生まれて初めて食べます。 いやあ、この歳になっても未体験のモノがあるって、嬉しいね。
さて、なにぶん初めて食べるパッピンスなので、パッピンスとしての善し悪しはzoomaniaには判断できません。 あくまで日本のかき氷と比較してみたいと思います。
えっと...あんまりフォトジェニックではないですね。 下の氷はかなり練乳が染みててグズグズ。 乗っているのは粒あん、練乳、ラズベリーソース、缶詰のフルーツ、コーンフレーク、お餅っぽいもの。 それぞれのパーツはさほど高いクオリティではありません。 しかしこれは韓国料理。 混ぜて食うべし!とトーキョーウジキントキで読んだぞ。 

20070908154344.jpg

...さらにフォトジェニック度、ダウン。 お食事中の方、すみません(?)。
氷がグズグズなので、あっという間に混ざります。 日本のサラサラ・フワフワ氷を期待してると、がっかりするかも。 
飲み物と化してしまったかき氷ですが、あら、味わいは悪くないかも。 ラズベリー&ミルクのフローズンドリンクをスプーンで飲んでると、たまに小豆やら果物やらお餅やらが混じってて、得した気分になる。 っていう食べモノだと割り切れば、楽しめると思います。 

| アジアおやつ | 16:42 | comments(4) | trackbacks(0) |
Subir
20070725153747.jpg

国際新赤坂ビル(文教堂書店やフーデックスが入っているビル)は、現在地下一階をリニューアル中。 それに伴ってスパゲッティ・ハシヤなどの飲食店も軒並み閉店。 毎週末のようにウェディングの会場になっていたレストラン・シュビアもプラザミカドビル(赤坂2-14-5)に移転しました。
と、同時に赤坂見附近くのみすじ通りの一角にカリーナンShop(赤坂3−10−19)を出店。 ビルの谷間で温かいカレーパン(甘口・辛口各¥250)を売ってます。 しっかりと厚いパン生地がほんのり甘くて旨い。 中のカレーもオーソドックス、久しぶりにカレーパンらしいカレーパンを食べたなあ。 最近の小洒落たパン屋では油で揚げていないカレーパンもあるよね。 珍しく会社に来てた大ボスにも好評。
大ボス:「さっぱりしてて美味しいね」
う〜ん「さっぱり」が正しい形容詞かどうかはともかく、胃にもたれるイヤな感じはしないので、揚げ油もカレールーも植物性の軽い油脂だと思われます。     

20070725150557.jpg

ご主人の許可を得て写真を一枚。 場所は刀削麺荘・唐家の向かいです。

追記:みすじ通りのカレーナンショップは、無くなりました。 隣のビルの解体工事が始まり、粉塵が衛生上好ましくないのが理由だそうです。 今後はデリバリー、百貨店の催事、JR駅構内での販売を展開、新しい店舗も探している最中だそうです。(2007.9.8)
| アジアおやつ | 19:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
台湾青果
20070723113336.jpg

見て、この見渡す限りのマンゴー! 先月台湾青果株式会社に注文、首を長〜くして待っていた台湾マンゴーがやっと届いたのだ。 5kg=¥6000、開けてみると小ぶりのマンゴーが14個も入ってました。 1個あたり約¥430。 東京ミッドタウンの台湾マンゴーは1個¥780、それでもお買い得だと思ったのだが、こりゃ破格。 諸君、マンゴーの適正価格とは幾らくらいなのだろう。 zoomaniaの積年の夢、「一日一マンゴー」が叶うよ、嬉しいなあ(←小市民)。 食べきりサイズなのも好都合。 大きいマンゴーを二人でわけて食べると、真ん中の種をめぐって喧嘩になるよね。
台湾産マンゴーは、香りは沖縄産には負けますが、甘さは十分。 今回のは特にジューシーで、食べ終わった皿に果汁の水溜まりが出来てました。
台湾青果のホームページを見る限り、残念ながら今年の注文は終了しています。 春から6月末までに申し込んで、届くのは「5月末〜7月末のいつか」。 到着日を事前に知らせてくれると有難いと思うのだが、突然届くのもプレゼントみたいで嬉しい。

台湾青果株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目7番16号
http://www.taiwan-fruits.jp/
TEL : 03-3582-0921
FAX : 03-3582-3529
 
| アジアおやつ | 13:51 | comments(8) | trackbacks(0) |
プレッセプレミアム
東京ミッドタウンのスーパーマーケット、プレッセプレミアム。 あまり自炊しないzoomaniaだが、レクリエーションとしてのグローサリーショッピングは好き。 今日は果物売り場を徘徊してきました。
マンゴスチンが1個¥680。 5月のタイフェスティバルでは7個¥500だったマンゴスチンが、ここでは1個¥680!? zoomaniaには物流の仕組みってさっぱり分からないなあ...。
ミラクルフルーツなるモノ、1個¥580。 小指の先ほどの大きさの赤い実が1個、丁寧に包装されている。 「一口かじればどんな酸っぱいものでも甘く感じる、不思議なフルーツ」だそうです。 ...パーティーの余興とかにはいいかもね。
う〜ん、zoomaniaが買うモノは無いのかな...。

20070719220615.jpg

おっと台湾産マンゴー発見! 1個¥780ナリ。 台湾のマンゴーは沖縄や宮崎県のと同じ種類、赤くてコロンとしたアップルマンゴーです(フィリピンの黄色くて平べったいのはペリカンマンゴー)。 確か去年の夏の相場は¥1200くらいだったので、お買い得になったよ。 沖縄県産に比べて多少香りが乏しいが糖度は十分、zoomaniaは大好きです。 近所でこの値段で台湾マンゴーが手に入るのは大変喜ばしい。    
ちなみにプレッセプレミアムでは宮崎県産マンゴーは¥4800、沖縄県産は¥5000でした。 これが格差社会ってやつ?(←ちょっと違う) 
| アジアおやつ | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
ファンソン・カフェ
20070203_171220.jpg
ファンソン・カフェの杏仁ドリンク¥650。 台湾直輸入です。 要は杏仁豆腐味の温かい飲み物なのだが、とろみがついている。 「百合パウダー」が入っているらしい。 百合パウダー?
「整腸作用があり、青春を保つ、って中国語で書いてあります」
店長さんは中国語勉強中なのだ。
今日は節分。 お店の皆さん、お客さんと連れ立って氷川神社の節分祭に参加してきました。 zoomania初詣は日枝神社に行ったが、考えてみればあそこは千代田区永田町。 港区赤坂の氏神様はこっちだ。 競争率が高くて宮司がまく豆にはありつけなかったけど、福は〜内。

追記:ファンソンカフェは、2008年いっぱいで閉店しました。(2009.1.5)
| アジアおやつ | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>