CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
赤坂の坂マップ
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
千里馬 南翔小籠


TGIF!
ミッドタウンにやって来たよ。

ようやく、生活を楽しむ気持ちが戻ってきました。
この場合、7ヶ月は長いのか短いのか。
まあ、立場によって意見は分かれるとこでしょう。

お昼にご馳走を食べて、美しい物を見て、立ち読みして、買い物して帰ろう。
今欲しいのは、家を居心地良くしてくれる何か…手触りの良いモノとか、良い香りがするモノとか…と、その居心地の良い家で親しい人たちと一緒に食べる美味しいモノ。
こういうのを「巣ごもり消費」って言うんだろうな。



本日のご馳走。
千里馬 南翔小籠(赤坂9-7-3E-B-107)の海老湯麺¥1,050です。
アラカルトメニューの湯麺と同じ味ですが、ランチメニューでお安くなってる分、具がいささか質素。
でも杏仁豆腐も付いてるし、満足の費用対効果です。

それでは皆さん、良い週末を〜!







| アジアランチ | 17:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
新葡苑
 

水曜日は、原チャリであちこちお遣いに。 せっかくなので、お昼は職場からはちょっと遠い店にしよう。
6丁目の新葡苑(赤坂6-19-46 ICOKビル2階)です。 この辺りは住宅街なので、ランチアワーでも空いてて嬉しい。


今日の日替わりランチ¥1,000は、牛肉と舞茸の醤油煮込み&小松菜のニンニク炒め。
見た目は地味ですが、柔らか〜い牛肉と、大きく切った舞茸の歯ごたえのコントラストがグー。
スープの浮き実が花びら(食用菊?)だったり、デザートのマンゴープリンに乗ってるのはザクロだったりと、捻りが効いてます。
サービスも行き届いており、大満足。 もっと職場に近ければ、通っちゃうのになー。
| アジアランチ | 12:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
シンガポール海南鶏飯
 zoomania、この度、引っ越しをいたしました。
と言っても、氷川町から福吉町へ、直線距離にして300mほど。 福吉町の皆さま、どうぞよろしく。

引っ越しのバタバタで、この一週間は毎日3食外食です。 忙しいのもありますが、主な理由は冷蔵庫が壊れちゃったため。 やれやれ、早く新しい冷蔵庫届かないかな。
外食好きのzoomaniaではありますが、毎食となるとさすがに胃腸が疲れる。 新しい飲食店を開拓する気力はなく、ここのところ「いつもの店のいつものメニュー」続きです。
これまでに何度もブログでご紹介した店ばかりなので、簡潔にいきましょう。


赤坂サカス地下一階のシンガポール海南鶏飯(赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー B1)。
サカスに飲食店は沢山ありますが、ついフラフラと引き寄せられるのはここ。 店の前を通りかかると、長粒米のエキゾチックで美味しそうな香りがするんだもん。


看板メニューの海南鶏飯(蒸し)¥850。
鶏はあらかじめ蒸してあるらしく、注文するとすぐ出てきます。
| アジアランチ | 14:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
ヌルンジ
 

今日のお昼は、久しぶりに辛〜い韓国料理の気分。 赤坂のリトルコリア、二丁目界隈にやってきました。

田町通りとみすじ通りをつなぐ細い路地のヌルンジ(赤坂2-13-8 赤坂ロイヤルプラザ 1階)。 昼時は超満員なので、相席必至です。
店内のTVでは流行りの韓流アイドルのミュージックビデオが放映されており、賑やかな雰囲気。


今日はユッケジャンうどん¥900を注文。
席につくとすぐにおかずとご飯が運ばれてきます。 おかずは、右下から時計回りに:若布の酢の物、キムチ、ゆで卵の醤油煮、じゃがいものナムル、甘辛のさきいか。

おお、キムチが美味しいぞ。 日本人向けの浅漬けっぽいキムチじゃなくて、かなり発酵が進んだ酢っぱめのキムチ。 これはお料理にも期待できそう。


ユッケジャンうどんも到着。 石鍋でグツグツしてます。
一口すすると、濃厚な牛の出汁! スープはサラサラしてて辛くて、確かに韓国料理なのだけれど、味は何に似てるかというと、ビーフシチューです。 zoomaniaの化学調味料センサーにも合格。 正直に作られた味です。
うどんは柔らかめ、具はたぷりの野菜(ゼンマイ、もやし、葱など)です。 ほとんど肉片は入ってなかったけど、何しろ出汁が濃厚なので、大満足。

ンまかった! さすが赤坂、韓国料理の水準が高いです。 ランチメニューは¥900〜¥1,200。 昼時は混むので、ピークを外して行くことをお勧めします。
| アジアランチ | 13:49 | comments(3) | trackbacks(0) |
湧の台所
皆さま、明けましておめでとうございます。
2011年もどうぞよろしく。

仕事初めの1月4日。
zoomaniaの会社は平常運転だけど、お昼を食べに街に出てみると、あれれ...
円通寺坂の飲食店は軒並みまだ正月休み。 5日から営業するところが多いみたい。
こういう時は、中国人経営の店を目指そう。 中国のお正月は、2月頃だもんね。


久しぶりに湧の台所(赤坂3-19-8 赤坂ウエストビル B1)に来ました。 2年以上もご無沙汰してたけど、キッチュな内装も刀削麺の値段も変わってなくて、ホッ。
変わったのは、ランチメニューが増えたこと。 刀削麺以外に、定食が食べられるようになりました。 ¥800で、メイン+スープ+ご飯。 写真を見ると、エビチリや木耳&卵の炒め物が美味しそうだ。 改悪はですね、テーブルから胡麻すり機が無くなったこと。 zoomania、刀削麺をすりゴマだらけにして食べるのが好きだったのにな。


zoomaniaがいつも注文するのは、小さい担々刀削麺+点心+デザートのセット。 お値段¥950です。 うん、相変わらず美味しい!


デザートは杏仁豆腐でした。

ふと壁を見ると、どこぞの中華料理協会からの表彰状が。 化学調味料を使わず、伝統的な中華料理を作っている、って褒められてました。
お料理のプロが化学調味料に頼らず、ちゃんと素材から出汁をとるなんて、当たり前のことのようだけど、それが当たり前じゃないのが中華料理の世界。 でも、ちゃんと本物の料理を作っていれば、消費者は確実に支持するのです。 zoomaniaが初めて湧の台所に連れて来てもらったのは、確か2000年頃。 飲食店激戦区の赤坂で、少なくとも10年は人気を博しています。 既に老舗の風格を漂わせているよね。
2年もご無沙汰して、ごめんよ。 また今度、夜に棒餃子食べに来るからね。
| アジアランチ | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国味工房 EIKO

一ツ木通りに出来た韓国料理店のEIKO(赤坂3-19-9 泉商事一ツ木ビル B1)。 以前はみすじ通りで営業してましたが、1年ほど前に移転してきました。


店内は、テーブル席と半個室がいくつか。
ランチメニューは、おおむね千円以内です。


干し鱈のスープ¥850を頼んでみました。
干し鱈って、煮干しみたいに出汁をとるのかな?...と思ったら、出汁をとった後の鱈がそのまま具として入ってました。 それも、かなりの量! 濃厚な魚の香りとクッキリとした塩っ気で、見た目よりもパンチの効いた味です。

出汁って、複雑すぎて何で出来てるか分からないけど美味し〜...っていう洗練されたのもいいけど、こういうシンプルでストレートなのも悪くないね。
浮き実は、大根と溶き卵、それに葱が少々。 ちょっと塩っぱいかな、と思ったけど、ご飯がモリモリすすみます。 ご飯は五穀米、白いご飯も選べます。


食後にシッケという飲み物が出てきました。 韓国伝統の飲み物だそうで、冷たくて甘い。 爽やかな甘さに、かすかに生姜の辛さもあり。

干し鱈スープランチ、美味しかったです。 おそらく腹ぺこさんには物足りないかと思いますが、旅の疲れで胃が弱ってるzoomaniaにはちょうど良い回復食でした。
お店のホームページを見ると、お昼のメニューがとても充実してます。 元気になったら辛い物を食べてみよう。
| アジアランチ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
中華うずまき
 

zoomaniaが赤坂で贔屓にしてる中華料理店は、3軒くらい。 そのうち、一番カジュアルな雰囲気で、なおかつ職場から近いのがうずまき(赤坂5-5-11 赤坂通り50番ビル地下一階)です。

こちらのランチメニューは週替わり。 今週はですね、
家常豆腐(豚バラ肉と揚げ出し豆腐の炒め物)、牛肉と春菊のつゆそば、ジャージャー麺(各¥1,000)。 それと定番の担々麺¥1,050です。


牛肉と春菊のつゆそばにしました。 牛蒡も入ってます。
うずまきは、野菜の使い方が巧みな中華料理店です。 今日の汁そばに入ってるのも、ちょっと驚くほど歯ごたえを残したゴボウと、香りの強い春菊。 こういう個性的な野菜を昼のメニューに持ってくるって、よほど自信が無いと出来ないと思うのです。 客に迎合せず、自分が良いと思う料理を出す店って、好感が持てるよね。
スープはシンプルな醤油味、麺は細麺でした。 うん、牛肉に春菊って良く合うね! うずまき、いつも期待を裏切りません。
小鉢は、ふろふき大根と茹でたキャベツでした。



今日の杏仁豆腐は、梨のソースでした。
日本の梨って、美味しく加工するのが難しい食材だと思うのだけど、これは実に上品で典雅な味わい。 むむ、見た目は地味だけど、近年食べた杏仁豆腐の中で一番美味しいかも!

うずまきの良い所はですね、お茶が美味しいところ。 下戸のzoomania、中国茶にはこだわるほうですが、こちらではランチでもディナーでも中々上等なお茶がサービスで出てきます。 余所だと上等なお茶は別料金の店が多いので、これは良心的。

それから、中華では珍しく、夜でも定食が食べられます。 赤坂って夜に一人でリーズナブルにご飯を食べられる店が少ないので、とっても有り難い。 定食は¥2,100で、前菜と野菜料理、麺か炒飯、最後にデザートという構成です。
メニューボードを見ると、夜のコースもリーズナブル。 今度宴会の幹事を任されたら、ここにしようっと。
| アジアランチ | 14:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
アオザイ
zoomania、今夜は外食の日。
お昼は軽くしとかなきゃな。 そうねえ、蕎麦か何か...


と、赤坂通りを歩いてて、アオザイ(赤坂5-4-14 赤坂トレードビル一階)の前で足が止まりました。
ベトナムの汁そばも、米で出来た麺だから消化に良いし、スープは油分が少ないし、軽く済ませたい日のランチにぴったりでは?

赤坂で一番の老舗ベトナム料理店のアオザイですが、しばらく前に改装して、店内は広々明るい雰囲気に生まれ変わりました。


鶏肉のフォー、¥750。
優しい味の汁そばです。 別添えのライムをしぼると、スープがキリッと引き締まるかんじ。

後発のもっと派手なベトナム料理店に比べると、スープはマイルドだし、香草の使い方も控えめ。 本場の味を知ってる人には、物足りないかもしれません。
でも、今から30年も前に赤坂に、否、日本にベトナム料理を紹介し、今にいたるまで愛され続けるためには、この優しい味が必然だったのだろうなあ...と思うのでした。

思ったとおり、フォーは胃腸に優しく、夕方にはすっかり腹ぺこに。 よし、晩ご飯はモリモリ食べるぞ!
| アジアランチ | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
兄夫食堂
 今日は、白菜キムチをモリモリ食べたい気分の日。
午後はもう来客は無い予定だし、明日からは週末だし、zoomaniaが一人でキムチ臭〜くなってても、誰にも迷惑かけないよね!


赤坂二丁目の韓国街に来ました。 zoomaniaの贔屓は、兄夫食堂(赤坂2-13-17 赤坂第二シントミビル 一階、二階、四階)です。


テーブルに着くなり、キムチが壷でドン! いただきま〜す。

今日は、赤坂ブロガー界で話題のワンコインランチを注文してみました。
ワンコインランチはですね、一日限定30食の週代わりメニューと、制限無しの定番メニューとがあります。


今週の週代わりメニューは、サンゲタンでした。 赤坂で参鶏湯の定食が¥500って、間違いなく底値だと思うな。

参鶏湯は、小さな鶏が半身。 お腹に糯米などがギッシリ詰まってます。 見ると、ナツメ、高麗人参、にんにくも綺麗な断面を見せてキッチリ半分になっている。 兄夫食堂の料理人、几帳面だなあ。
参鶏湯は、そのまま飲んでるとシンプルなチキンスープ。 詰め物を突き崩して混ぜると、糯米のとろみやナツメの甘さが加わって、エキゾチックなポタージュに。 さらにキムチも投入するとまた味が変り、最後まで飽きずに美味しく食べられます。

キムチも思う存分食べたし、大満足! 来週も来ちゃおうかな。
ただ兄夫食堂、難を言うとですね、昼時でも分煙されていません。 焼肉店なので空気の循環は良く、zoomaniaはさほど気になりませんでしたが、神経質な人には辛いかも。 
| アジアランチ | 13:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
星ヶ岡@エクセルホテル東急
 本日のお昼は、中華そばが食べたいな。
赤坂には、安くて美味しい中華そばも、高くて美味しい中華そばもあるわけですが、今日はどうしても高くて美味しいほうの気分です。
高い店にあって、安い店には無いもの。 それはパーソナルスペース。 ゆったり大きなテーブルと椅子、隣の席の会話が気にならない適度な距離、それに何より行列無しで座れること。
はい、週の後半にきて、zoomaniaちょっと人疲れしております...。 お金を出して空間を買うって、一番てっとりばやいストレスマネジメントだなぁ、と思う今日この頃。


高級中華と言えば、やはりホテルかな?

エクセルホテル東急(千代田区永田町2-14-3)の星ヶ岡に来ました。 キャピトル東急ホテルの建て替え期間中、こちらに間借りしていた星ヶ岡ですが、いよいよ新しいキャピトル東急がこの10月にオープン。 なので、この場所での営業は今月の28日までだそうです。


間借り中とはいえ、ここもなかなか居心地の良いお店でした。 見附の交差点に面した2階なので明るいし、濃いグレーの壁と淡いピンクのテーブルクロスのコントラストが洒落てたし。 きっと新しい店も、素敵なインテリアになることでしょう。



五目そば¥1,800(+サービス料で、計¥2,079)。

オーソドックスな、醤油味の中華そばです。 麺は細めでストレート、そして海老、帆立貝、鶏肉に豚肉、野菜類と具沢山。 そう、こういう上品な中華そばが食べたかったんです。 やっぱり星ヶ岡に来て良かった。


星ヶ岡の皆さん、新しいホテルへのお引っ越しと開店準備、頑張って下さい。 また中華そば食べに行きます。

| アジアランチ | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/17PAGES | >>